新陳代謝の促進

girl eating chocolate

近頃評判のフォトフェイシャルとは、光の照射によって新陳代謝を促し、肌の状態を改善しようというエステ方法です。光といっても侮ってはいけません。UV(紫外線)のように有害なものばかりではなく、肌に有効な効果を与える波長の光というものも存在するのです。肌そのものを活性化させるという特性上、さまざまな症状を同時に解決することができます。特定のトラブルに対する対症療法ではなく、抜本的な解決により近いケア手段なのです。現在ではまだフォトフェイシャルを受けられる皮膚科は多くはありません。ほとんどの場合はエステでフォトフェイシャルを受けることになるでしょう。しかしこのまま利用者が増大を続け評判が高まるようであれば、皮膚科での施術も容易になると予測されます。実際、利用者からのフォトフェイシャルの評判は上がり続けているのです。

フォトフェイシャルの歴史は、1999年に始まります。この年に世界最初の光治療器IPLが発売されるやいなや、全世界で大評判になりました。この時発売された治療器の商標名が「フォトフェイシャル」で、今でも光治療の代名詞としてこの語が使われています。日本でいえば、某家庭用ゲーム機や某携帯型音楽プレイヤーの例を想像すると理解しやすいでしょう。フォトフェイシャルはそれほどに画期的だったのです。その後2002〜2006年にかけて各国で改良型光治療器が相次いで発表され、この期間に開発された機種が現在でも主力となっています。これらの機種はそれぞれ「得意とするジャンル」が違います。シミひとつとっても、原因によってさまざまな種類があるのです。そのため、クリニックを選ぶ際には「違いがわかるか」「適切なタイプの装置を備えているか」が大きなポイントとなるでしょう。